スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告  Top

白夜の女騎士(ワルキューレ)

5/27 2部で見てきました。「白夜の女騎士(ワルキューレ)」。
S席前から6列目ですよ。お友達、ありがとう!
舞台とかほんと久しぶりに見たな~。
初めてのBunkamura。初めての蜷川作品。初めての野田作品。
いつもの蜷川がどうとか野田がどうとかさっぱり知らない…。
こんな私があんな良席で見てしまって、ほんとすいません。ってなかんじですが…。

まったくもって事前情報入れていかなかったので、驚きの連続。
だって、会場入ったらいきなり出演者の皆さんが普通に客席歩いてる!
侍がいっぱいいる!
出演者が普通に笑顔で微笑んでくれるわけで。
鈴木杏ちゃん、濱田マリさんたちが普通に客席歩いて、知り合いや共演者としゃべってたり。。。
蜷川さんなんてなぜか脚立おさえてるのよ。
なんすかこれ!いつもこうなの?ビックリ。
一人Tシャツ+ジーンズにヘルメット&マスクであきらかに怪しげな人物も歩いてました。
あれって松潤じゃねーの??どうなの?って感じで見まくってしまいました。。
近くに来たときにヘルメット下からのぞいたけど、
瞳が松潤ぽくなかったの。。。
確かに本番の松潤と同じ格好だったんだけど、本物だったのかなぁ?
最後に脚立片付けたりしてて、、、、ニセ松潤だったのかも?詳細求む!

「始まりは突然に」(スクリーンに文字が出る)
ホントに突然始まった。
舞台にもうけられた無数の穴から、唐突に侍がいっぱい顔のぞかせて、びびりまくりんぐ。
舞台に穴あいてるとか知らないし!心臓止まるかと思たよ。
侍=コビトってことだからみんなヒザ付いた状態でわさわさ動くの!
松潤=サスケはタマゴから産まれるシーンで登場。
最初はよたよた四つん這いで、だんだん歩けるようになるしぐさ。
ホントリアルでスゴい。
わりと早い段階でフライングも披露。
フライングっていってもドリボの亀ちゃんのように2階席まで届いちゃうようなヤツじゃないんだけど
2本の細いピアノ線のみで吊るされ、スローモーションで落ちて行く。
コレってスゴく体力と筋力が必要とされると思うんだよねー。

正直、話の流れはほとんどわからなかった…。
でも眠くなるとかつまらないとかそんなことは、微塵もなくて。
最後、手が痛くなるくらい拍手したし、スタンディングオベーション。
話の内容が理解できてないのにここまで楽しめてここまで感動できるって、初めての体験だよ。
これが蜷川マジックってやつなのかな。
1シーン1シーンは理解できるの。笑えるしスゴい楽しい。
勝村さんがとにかくパワフル。
勝村&松潤、勝村&杏ちゃんの掛け合いがすごい面白い。
あそこまで早口でたたみかけてんのに、聞き取れないことがないってすごい!
杏ちゃんも水を得た魚のようにしなやかで輝いてる。ザ・舞台女優。
キャストの皆さん、客席にどんどん降りてくるし、
勝村さんなんて最前列のお客さんに抱きついてた!
杏ちゃんはお客さんのヒザに座る。
松潤も客席間の通路に何度か降りて来てくれて、、
これ亀ちゃんだったら失神して死んでるんじゃないのくらいの近さ。
まさに「客席さえも舞台だ」って感じでした。

松潤はほんとに頑張ってたーー。
舞台初めて??とりあえず蜷川作品は初よね?
細部に神経を張り巡らし、ものすごい緊張の中で演じてるんだってことが伝わってくる。
登場してすぐ汗だくだし、客席との距離がスゴく近いんだけど、客席を見てる余裕はない、みたいな。
昨日ロビーで立ち読みした雑誌のインタビューで
「僕は3階にいるのに蜷川さんは150階まで来いと要求する。頑張って150階まで上ったら、もう400階にいて、早くここまで上ってこいって、そういう感じ」
って言ってた。
ほんと極限まで引き出されて稽古して、本番迎えたんであろうことが感じ取れた。
パントマイムとかもすごく上手いし、スローモーションの動きとかもリアル。
でも、2幕の途中から、松潤の声がかすれてでなくなっちゃったんだよねー。・°°・(>_<)・°°・。
見てるだけで辛そう。
今すぐ舞台に上がってのど飴あげたくなるくらい。
でも松潤は最後までサスケだった。
最後、空飛ぶサスケも堂々としてたし、
声がでなくて、きっと自分が一番もどかしかったと思うけど、
悔しいとかしまったとか、そんな表情いっさい見せず、最後までサスケを演じきった。
感動。
終わった瞬間、大拍手。涙。
カーテンコールで深々とお辞儀をする松潤になんか泣けた。
2回目のカーテンコールで土下座してた。
そんなことしないで~~。感動をありがとう!だよ!
終了のアナウンスが流れてからも、
もう一度、松潤・杏ちゃん・勝村さんが出て来てくれて、
スタンディングオベーション。
潤さまの最後の笑顔が輝きすぎててまぶしくて、忘れられない舞台となりました。

なんか舞台っていいね~と改めて。
最初は映画を見てるような感覚だったんだけど、笑った観客に役者が反応してくれたりして、やっぱり生だと実感。
ちょっと舞台にハマってしまうかも。

どうやら昨日打ち上げだったらしいんだよね。
今日は松潤、のど治ってたかなぁ?気になる。。

あ、そうそう昨日は客席にマギー(元ジョビジョバ)がいました。
見つけられた有名人は一人だけかなぁ。前日には小栗くん&成宮くんがいたとか!ニアミスだぜー!
もしかしてKAT-TUNがいたりして!なんて淡い期待を持ってたのですが、そんなことはあるはずもなく…。ちょい残念。。

スポンサーサイト



よろしければポチッとお願いします↓今日は何位かニャー?
ジャニーズブログランキング

テーマ : - ジャンル : アイドル・芸能

2006/05/28 22:19 | ジャニーズComment(2)Trackback(0)  Top

コメント

Not Subject

aiaiさん、こんにちは!
詳細ありがとう!
感動したんだね~~。伝わってきたわ!
ストーリーがわからなくても感動できるってすごいね。
なるほどこれは監督の力が大きいのね。

松潤、声が出なくなって苦しそうだったの・・
私まで苦しい気分だわ(苦笑)
がんばってやりぬいたのね。
プロ根性よね。
ははは、カツンがいたらよかったのにね。
でも松潤と仁は仲がいいから(笑)
可能性あったかしら?

私も舞台はめったに見なくて宮本亜門のミュージカルみたのがラストだもんね。
ジャニーズものなんてチケットだってとれないし、そういう意味でもaiaiさん、ラッキーでしたよね。
このごろチケット運がついてるみたいv-238

No:347 2006/05/30 12:35 | かりん #-URL編集 ]

かりんさんへ

こんばんわ~。そうなんです、ストーリーがわからないのに感動するって初めての体験でした。
やはり"生"っていうのが大きいんじゃないですかね~?
目の前で生身の役者さんたちががんばってるのを見るだけで感動って感じでした。
ちょっと舞台にハマってしまいそうです。

カツンは来てなくて残念でしたねー。
ウタワラで「観に行きます」って言ってた気がするんですが…
言ったのでしょうか??

ワルキューレは本日千秋楽だったみたいです。
松潤ゆっくり休めてるといいんですけどー。

No:350 2006/05/30 22:44 | aiai #-URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。